正しい姿勢で歩けば痩せる

ウォーキングをダイエットのためにとやっているけれど、なかなか痩せないと困っている人もいるのではないでしょうか? ただ歩きだけというのはとても手軽だし、お金もかからないからうれしいのですが、実はちょっとやり方を間違えるだけで、あまり痩せなかったりするようです。
まず、ウォーキング=歩くだけ、と考えて、ただだらだら歩いていませんか? それでは意味がないのです。きちんと背筋を伸ばして正しい姿勢で歩かないと、肩こりや腰痛になってしまうのです。また、膝を曲げすぎて歩くのも良くありません。曲げすぎるとお腹の筋肉を使わないので、姿勢もだらしなくなってしまいますが、、きちんと膝が伸びていれば、自然とお腹の筋肉が使われるのです。
さらに、歩幅はちょっと大きめに、そして早歩きにするとさらに効果的です。正しい姿勢で早く歩くと、それだけ脂肪燃焼効果も高くなるのです。
仕事帰りには一駅分歩くようにするとか、夕食後に1時間くらいウォーキングをしてみるなど、普段から歩くことを心がけてみましょう。

 

自転車通勤でダイエット

ダイエットのために運動をしたいけれど、急に無理な運動をはじめたりしたら、慣れていない人は膝や足首を痛めてしまうなんてことがありますよね。そうなると、せっかくの運動もできなくなってしまいます。
しかし、自転車に乗ることで簡単にダイエットができるんです。自転車は足に負担をかけることはありませんし、有酸素運動なので、脂肪を燃焼させるのにぴったりなんです。
あまり疲れることがない自転車ですが、そのせいでダイエット効果なんてないと思っている人もいるかもしれません。でも、実はランニングやウォーキングを1時間することを考えたら、自転車に1時間乗った方が体に負担もかからないし、効率よくカロリーが消費できるのです。
毎日の通勤を自転車で行えば、簡単にダイエットができることでしょう。最初はちょっとした坂道が辛いと思えても、慣れてくれば簡単に走れるし、足に筋肉もつくはず。
ちなみに、サドルを普段より5センチほど高くすることで、軽く前傾姿勢になると思います。すると二の腕を鍛えることができ、さらに腹筋にも力が入りやすくなるので、知らず知らずのうちに体が鍛えられるのです。

 

ちくわでダイエットを

ちくわって、5本くらい入って100円で売られていたり、わりと安いですよね。魚のすり身ですからタンパク質が摂取できるし、節約をしている人にとってはうれしい食材なのではないでしょうか。
しかし、実はダイエットにも良いらしいですよ。小さいちくわなら1本で30キロカロリーくらいしかないそうなので、お肉の代わりにちくわをつかったレシピを考えれば、タンパク質はしっかり摂取できるけれどカロリーダウンが望めるのではないでしょうか。
ちくわの中にきゅうりやチーズを詰めて切るだけで、簡単に1品できますし、ほかにも炒め物に混ぜてみるのも良いですね。どうしてもかつ丼などのカロリーが高いものが食べたいときは、豚肉を使うのではなく、なんとちくわを切り開いたものに衣をつけて揚げれば、ちくわのかつ丼ができてしまうのです。
食事制限を無理なく行いたいという人は、こんなふうにカロリーの高い食材を低い食材に変えてみると、辛い思いをすることなくダイエットに励めるのではないでしょうか。

 

10代のダイエット

年頃の女性は、誰でも自分の容姿が気になるもの。ダイエットをはじめたいと考えたり、実際に無理にダイエットを行う人もいることでしょう。
しかし、10代のダイエットは実は結構危険が伴うみたいです。最近の子は発育が良いですから、中学生のうちからかなり背が高く大人のような体格になる子もいることでしょう。しかし、いくら見た目が大人と変わらなくても、成長期であることは確かです。大人よりも代謝が活発な十代は、食事制限をすると簡単に栄養不足に陥ってしまいます。
良く、若いうちのダイエットは排卵が生理が止まってしまうなんて聞きませんか? これは栄養不足によるものなんです。ほかにも、脳や筋肉の成長を阻害するなど、外側からはわかりにくいリスクが色々とあるのです。
ダイエットをしたいという気持ちを持つのは、思春期であれば仕方がないことです。しかし、食事制限をするのではなく、せめておやつを控えめにするとか、運動をするといったことで対処をした方が良いのかもしれませんね。

 

カロリーも大事だけれど栄養も気にしよう

ダイエットでは体を動かすのも大切だけれど、食べ過ぎや高カロリーの物を摂取するのを防ぐのも重要ですよね。なるべくカロリーの低いものを、低いものをと気にして食事をするのは良いのですが、栄養面のことまで気にしていますか? カロリーの低さだけ気にして、全然栄養がないものを食べてばかりいたら、痩せるかもしれないけれど体を壊してしまうし、肌もボロボロになってしまうかもしれませんよね。
食事をするときには、五大栄養素をきちんとバランス良く摂取することを心がけないといけません。炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンです。意外と、現代人はビタミンが足りていないらしいですね。ビタミンは食事でしか摂取できないものなので、普段から気を付けていかないといけないのです。
ビタミンが不足すると、肌荒れになったり、口内炎ができても治りにくいなんてことがありますね。また、昔は死亡者が多かったという脚気ですが、これもビタミン欠乏症によるもの。飽食の国と言われているはずの現代日本で脚気になってしまうようなことになったら、笑うに笑えませんね。

 

実は炭水化物は食べた方が良い?

炭水化物は太るからダイエット中は食べない、という人は多いかもしれませんね。確かに、炭水化物は太りやすいですが、脂質とタンパク質と共に三大栄養素と言われるくらい大切な物です。体にとって重要なエネルギー源ですから、まったく食べないというのは、かえって体に良くないのです。
イモ類は炭水化物ですが、実はカロリーが低め。消化も良く、腹持ちも良いので、お菓子などの食べ過ぎを防いでくれるはずです。便秘解消などの効果もあるので、肌荒れ防止にもなるのではないでしょうか。ところで、低カロリーで知られるこんにゃくですが、これが炭水化物だとは知らない人も多いのではないでしょうか。こんにゃくはこんにゃくいもという物から作られる、立派な炭水化物なのです。
ところで、カロリーを気にして、サラダを食べるときはノンオイルドレッシングを使う、という人もいると思います。しかし、実はノンオイルドレッシングより、オリーブオイルの方がカロリーが低いらしいですよ。オリーブオイルに塩や胡椒などを加えれば簡単にオリジナルのドレッシングができますから、試してみてはいかがでしょう。

 

カロリーの取りすぎは太る

人間は、なぜ太ってしまうのでしょうか? 太ることがなければ、そもそもダイエットなんて考えませんよね。
野生の動物は恐らく肥満という言葉とは無縁でしょう。なぜなら、自然界にそこまでカロリーの高い食べ物なんてないでしょうし、人間以上に動いてカロリー消費をするでしょうし、いつでも好きな時に簡単に食事ができる、なんて環境ではないですしね。
でも、ペットは太ってしまうことがありますね。飼い主が甘やかしてたくさん食べさせてしまったとか、どこにエサがあるのかわかっているので、自分で引っ張り出して食べてしまうとか。ぽっちゃりしている犬はとても可愛らしく見えますが、やはり健康には悪いですよね。
消費カロリーよりも多いカロリーを食事で摂取してしまうと、やはり太ってしまうのでしょう。
自分の普段の消費カロリーと、食べている食事のカロリーがどれくらいなのか、ということがわかれば、おのずと太りにくくはなるのでしょうが、いちいち計算するのなんて難しいですよね。なるべくたくさん歩くようにして、脂っこいものは控えめにするなど、ちょっとしたことは気を付けていきたいですよね。

 

ただダイエットをすればいいわけじゃない

太るというのは、多くの女性にとって好ましくないことですよね。ごくまれに、痩せすぎていることが悩みで「もっと太りたい」と思っている人もいるでしょうし、太りにくい体質だからか、どうしてみんながそんなに体重を気にするのかわからない、なんて人もいるでしょう。しかし、こんな人はごく少数でしょう。傍から見たら痩せている女性でも、実は体のどこかにコンプレックスを持っていて、痩せたいと思っている部分があるかもしれませんよね。
ところで、○○ダイエットが効くらしいと耳にすると、多くの人はすぐにそれに飛びつきますよね。一時期、「トマトがダイエットに良い」なんてテレビで紹介されたとき、みんなが買いに走ったためか、スーパーからトマトが姿を消したことがありました。
人気があるダイエットは試したくなりますが、一度なぜ自分が太っているのか、原因を考えた方が良いでしょう。とにかく体重を落としたいのに部分痩せのダイエットをしたり、筋肉太りなのに体をたくさん動かすなんて、大して意味がさなそうですよね。
自分の太っている理由と、どういう効果を得たいのか、気になるダイエットがあったらどういう効果が期待できるのかなど、先に調べた方がいいと思います。

 

食事時間に気を付けて痩せる

ダイエットって、長続きしませんよね。そもそも簡単に体重なんて落ちるものではありません。だから時間をかけてダイエットをするのが当たり前なのだけれど、すぐに効果が表れてくれないと、人というのは簡単にあきらめてしまうんですよね。
でも、あることをするだけで、1週間で4キロほど体重を落とすことができるんだそうです。それは、一日のうちで食事をする時間を、8時間以内にするというもの。どういうことかと言うと、朝7時に朝食を食べたとしたら、それから8時間後の15時までしか食事をしてはいけない、ということです。もちろん、15時以降はお菓子などもダメです。
ただし、その8時間以内であれば好きな物を食べていいんだそうですよ。
なぜこれでダイエットができるかというと、一日の食事時間が長いと、体内での消化が間に合わず、結果的にお腹やお尻に脂肪がついてしまうんだそう。8時間という短い時間内で食事を済ませることによって、しっかりと消化ができるそうです。
食事時間に関しては、9時から17時とか11時から19時など、生活に合わせて調節すると良いかもしれませんね。

 

リンパマッサージで小顔に

なんだか顔がむくむな、と思うことってないですか? もしかしたらそれは、リンパの流れが悪くなっているからかもしれません。体には約800個のリンパ節があるそうなのですが、なんとそのうちの約300が首の周辺に集中しているそうなのです。なので、首周辺のリンパの流れが悪くなれば、顔がむくんでしまうということになります。
顔痩せをしたいと思っている人は、まずはリンパマッサージをしてみましょう。お金をかけることなくできるのですから、簡単だし良いですよね。
リンパマッサージを行うなら、体の血行が良くなっている入浴時がおすすめです。コップ一杯の水を飲んでから行う方が、よりスムーズにリンパが流れてくれるらしいですよ。左の鎖骨にくぼみがあるので、そこに右手のひらを当て、優しく円を描きながらマッサージをし、今度は右側の鎖骨のくぼみに左手を当てマッサージ。さらには、耳の裏側から首にかけてやさしくさすると良いでしょう。
顔だけでなく、全身をマッサージすることで代謝がアップするので、リンパマッサージはダイエット効果も期待できるのです。